音信不通になってしまう時にはどうすれば良い?

メールのやり取りをしている中で、音信不通になってしまうというのはとてもよくあります。
元々そこまで出会いに乗り気ではないという女の子はおいておき、積極的だった相手が急にメールを嫌がるようになったり、挙句の果てにフラレてしまうということもあります。

そこで、音信不通になってしまう人の特徴や原因についてご紹介します。

サイト内のメールの回数が多すぎる?

サイト内メールというのは10通以内で終わらせるというのがベストです。
サイト内メールというのはそもそもお互いが最もちょうどよいと思える距離感を図るためのものです。
色々な話しをいつまでもするような場所ではありません。

そのたえめ、テンポ良く女の子とのやり取りを続けたいと思うのであれば、5通以内でサイト内メールを終わらせるようにしましょう。
そして直接連絡がとれる方法に切り替えるようにしてください。

でも女の子にとってはサイト内でのメールの方が良いのではないかと思われるかもしれませんが、実はそれは間違いです。
サイト内でメールのやり取りをいつまでもしているというのは女の子にとっても負担です。

女性も男性がメッセージのやりとりをする度に料金が発生しているということを知っています。
そのため、意外にも直接連絡をとることに快く応じてくれるものです。
それとは逆に、サイト内のメールだけで長々と話しをしてくる人は面倒だと感じられることもあります。

つまり、直アド交換も切り出せないような意気地なしであると思われてしまうわけです。
そのため、どのような場合においても、サイト内メールは10通以内で必ず終わるようにしてみてください。

質問上手がポイント

上手に質問することによって相手の興味をうまく引き出すようにしましょう。
出会い系サイトに限った話ではなく、相手に気持ち良くトークしてもらうためには、上手に質問をして相手の言葉をどんどん引き出すようにしましょう。

女の子が興味をもっていそうな質問をどんどんしていくのが重要です。
質問をしても「ふーん」で終わってしまうような内容の質問はよくありません。
淡白でよくある質問などをしていると、まるでロボットのような、感情のない質問だと思われてしまいます。

よくある質問は、女の子はもう嫌になるほど何度もされています。
そのため、またこの質問をしてくるの?と思われてしまうことがとても多いです。
ありきたりで面白くない質問をされると、思っていたよりも反応が薄く面白くならないことが多いです。

できるだけ具体的な質問にしてください。
例えば…

・この間〇〇っていう映画を見に行ったんですがもう見ましたか?〇〇って映画館で見たけどすっごくきれいで、ドリンクメニューも充実してましたよ。行ったことありますか?
そのような自分の体験談をしっかりと織り交ぜながら相手に質問をすることで、とてもイメージが湧きやすいため、自然と相手もどんどん興味が湧いてきて、話をするのが楽しくなってきます。

あ、その映画館行ったことありますよ!すっごくきれいですよね。今度○○があるから一緒に行きませんか?

このような返事がもらえる可能性が高くなります。
やはり一番のコツは、仲良くなりたいという純粋な、ストレートな気持ちです。
女の子とのメールのやりとりというのは、ノウハウや型にはめようとすればするほどギクシャクしてしまってうまくいかないものです。

相手と仲良くなりたい、もっと相手のことを知りたいという気持ちではなく、うまく行くノウハウに沿って使いこなしていきたいという気持ちが強くなってしまいます。
出会い系サイトでメールのやり取りをするためのポイントはあります。
しかし、そのコツにばかり縛られていると、それは相手にも伝わってしまいます。

思いがけないところで足をすくわれてしまうということもありますので、注意しなければなりません。
メールのやり取りをするうえでなによりも重要になるのは、ノウハウ通りのメールをするのではなく、仲良くなりたいという気持ちをしっかりと相手に伝えることです。

いつまでもノウハウに縛られていると、メッセージのやりとりをするということ自体を楽しめず、結局女の子にも逃げられてしまい、挙句の果てには出会い系サイトを利用して一度も女の子とやりとりが続いていないという状態に陥ってしまいます。

これまでに色々な出会い系を利用してきても、なかなか女の子とうまくいかない…
メッセージのやり取りを続けたいのに、すぐに連絡が来なくなる…
そのようなことになってしまえば、出会い系を利用するうえで時間ばかりが無駄になってしまいます。

もちろんポイントの消費量も多くなりますので、なかなか出会えずお金ばかりがかかるという悪循環に陥ってしまいます。
出会い系サイトはうまく利用して、楽しめばきっと有意義な出会いの場になりますので、是非出会い系サイトというものを楽しむようにしてみてください。

コメント